酔いどれスポーツ狂の日々雑感

サッカー、お酒を中心に思いつくままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京観光2015④ (東京競馬場)

11/23(月)、サントリービール工場の見学後、府中の『青葉』でラーメンを昼食に。
新宿の青葉以来、2回目の訪問。
相変わらず、ダブルスープが美味いです。



その後、東京競馬場へ。
25年ほど前、大学生時代に来場して以来です。



20151123 11
西口入口。
車は付近のお寺の駐車場に止められました。
娘二人は入場無料、大人は入場料一人200円。



20151123 12
フジビュースタンド。
改装された壮観な風景がそこに。
緑色の芝が美しく綺麗。
昔の冬枯れの芝とは違いますね。



20151123 13
内馬場、ターフビジョンの裏側。
かわいいイラスト。
子供たちは場内の遊具施設で自由に遊べます。(ターフィーなど)



20151123 14
第8R、初めて観た障害レース。
迫力です。



20151123 15
第9R、ダートレース。



20151123 16
ダービー号。
寒い中、娘たちがかくれんぼで遊びました。



20151123 17
ナンバー35周年&ジャパンカップ35周年の特別企画展。
ナンバーは写真が美しく大好きでした。(特に競馬写真は構図等が芸術的)
近年の商業主義的な偏向企画が好きではないですが・・・



20151123 18
私は1990年の254号『秋競馬総力特集』を持っていました。(上段右から3冊目)
処分してしまったのが残念です。



20151123 19
第11R、メインの第20回 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)。
ゴール前の攻防。
武豊騎手が目の前で勝利!



速く美しい、まさに芸術。
妻や娘たちは音の迫力にびっくりしていました。



20151123 20
記念に買ったオグリキャップを持つ長女。



私が大好きだった名馬。
1990年前後の競馬ブームを牽引。
オグリは19、20歳の私を競馬の魅力に引き込んでくれたアイドルホースです。
・ジャパンカップ  ホーリックスとの壮絶な叩き合い(2:22:2 戦慄の世界レコード!)
・有馬記念     奇跡の復活、感動のラストラン  



サラブレッドの芸術的な美しさ、走る姿。
血統の神秘性。
生産者、馬主、調教師、厩務員等の関係者の想いや努力。
騎手の技術。
そしてターフの美しさ。



競馬を取り巻く全てが美しく、儚くて大好きです。
一つの芸術として、これからも競馬ファンでありたいと思います。

スポンサーサイト

第149回 天皇賞・春 フェノーメノ2連覇!

NHKにて競馬を観戦しました。


■ 第149回 天皇賞・春(G1)
 京都競馬場11R
 芝3200M 右 良馬場 18頭
 2014年5月4日(日)15:40出走


晴天の京都競馬場。
新緑の木々に囲まれた美しい京都の芝。
古馬最強決定戦。


天皇賞・春といえば、武豊騎手。
これまで春の盾、6勝。
90年代初頭のスーパークリーク、メジロマックイーンの印象が強烈です。
今回も1番人気のキズナに騎乗。


しかし、結果は・・・フェノーメノ(4番人気)の2連覇!
中団内ラチ沿いをキープし効率的な競馬で勝利。
蛯名正義騎手は、先々週の皐月賞も制覇していますね。


2着にウィンバリアシオン。


キズナは4着。
最後の直線、後方からの末脚が伸びず、長距離適性に疑問符か?


又、2番人気のゴールドシップは、スタートの出遅れが響き、7着に終わりました。



京都の長距離レースは、菊花賞とともに大好きです。
私は、漫画『風のシルフィード』の名勝負に影響を受けた世代です。
いつか、京都で競馬を生観戦してみたいものです。

第74回桜花賞 ハープスター圧巻V!

フジテレビにて競馬を観戦。


■ 第74回桜花賞(G1) 
 阪神競馬場11R 芝 1600m
 3歳牝馬18頭出走
 良馬場


いよいよ春のG1レース開幕。
桜が咲き誇る阪神競馬場。
桜花賞にベストタイミングの開催。


3歳牝馬クラシックの第1冠を制したのは・・・


ハープスター! 
ダントツの一番人気単勝1.2倍に応え、クビ差勝利。
2着は、2番人気のレッドリヴェール。
結果としては、ガチガチの鉄板レース。


しかし、レースはハラハラドキドキの面白い展開でした。


ハープスターは、上り3ハロンが32.9秒!
驚異の末脚。


最終4コーナーで最後尾・大外から17頭まとめて差し切りました。
あの位置からは、さすがに届かないかと思いましたがすごいです。
父ディープ譲りの末脚はさすが。


次戦以降は、オークス、凱旋門賞が予定されているようですが、
怪我なく過ごし、大きな夢を見させてほしいものです。 

有馬記念 オルフェーブル

平成25年12月22日(日)
TVで競馬を観戦しました。

■ 第58回有馬記念(G1)
 中山競馬場 芝・右 2,500m 良馬場



快晴の中山
緑の美しいターフ、12万を超える大観衆
年末の風物詩、グランプリレース


オルフェーブル ラストラン

結果は・・・圧勝  なんと8馬身差!

2位:ウインバリアシオン
3位:ゴールドシップ

ライバルを寄せ付けず、圧巻の走り


後方待機から3コーナーで早めに仕掛けていく池添騎手
大外を回り、4コーナーを出て直線を向いた時点で先頭に

後は軽くムチを入れるだけで、矢のように伸びるオルフェーブル
ラストランで想像以上の爆発力を見せてくれました。
最後に1番強い勝ち方をして、記録・記憶の両方に残る名馬であることを証明です。


振り返れば、3歳クラシック3冠、同年の有馬記念制覇。

又、2年連続 凱旋門賞2着!
凱旋門賞は胸を高鳴らせてTV観戦しました。
特に昨年は、『勝った』 と誰もが思ったことでしょう。
日本馬が世界に最も近付いた瞬間でした。


やんちゃな栗毛の怪物オルフェ
有馬記念6番の馬番は一生忘れないと思います。
あの1990年、怪物オグリ 有馬記念8番の馬番のように・・・


最後に お疲れ様でした。
数年後、強い産駒たちが活躍するのを楽しみに待っています。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。